2017年08月19日

伝説のルビーを求めて 第二幕 第三章 第四話 〜再現性〜R



2661425133_1328692483_z-640x370_R.jpg

前日になんとかアカメを釣り上げたゴムオ。


この調子で行けば今日も釣れるカモ知れない。



去年も二日連続魚を出したしこの感じだと今日も行ける気がする。



しかもゴムオのイメージだとアカメはかなり時間割に正確に動く魚っぽいので

昨日と同じタイミングで喰って来るんじゃないかと読んだゴムオは

昨晩と同じ場所に同じタイミングを狙って入ってみる事に。


連休中なので相変わらず人は多い。
なのでポイントに入れる様に早めのエントリー。

ただ喰って来る時間はほぼ解っているのでそれまでは様子見キャスト。

明るいウチにルアーの動きなんかをチェックしながらキャストして状況を掴んでおく。





無駄撃ちとまでは言わないが自分の中ではまず食って来ないのが解りつつも
時間潰しの為にキャストを繰り返す。

徐々に日が暮れて辺りは闇に包まれる。


だがまだだ。


食って来る時間は大体予想がついている。







キャスト、キャスト、キャスト。。。






連日の寝不足からアクビが出てしまうが繰り返しキャスト。



























キャスト、キャスト、キャスト。。。






だがまだだ。。。




































キャスト、キャスト、キャスト。。。






予想地合いまであと少し。。。























キャスト、キャスト、キャスト。。。











さぁ、間もなく。







































備えよ!!


































0cd974104e42631aca2e935d5c21f63d-1.jpg

コーション!!
ハードバイト!!



















さっきまでは適当に投げて適当にリールを巻いていたが
この時合いかと思われる時間帯に集中してキャストを続ける。







さぁ!今日も喰って来い!




































































































ゴン!!



ジジジジッーー!!




よっしゃ!喰った!!





ロッドを持つ右手でドラグを滑らし魚を走らせながら

左手の手首を返してゴムオの釣り用時計のプロトレックのオートバックライトを点灯。

時刻を読む。
















PRW-1300WFJ-7JR_6_R.jpg

やっぱりね。


ゴムオはヒットした時やヒットしなくてもバイトがあった時間を必ずチェックしているのだが

今回はなんと1分単位で昨日ヒットした時間と全く同じ!

時間がピッタリなのはたまたまだろうがやはり時合の読みは間違っていなかった。







そして少しドラグを出して止まった魚。


今回の魚は昨日ほどは大きくなさそう。
むしろ小さいサイズ。





とは言えポポの教え通り今回も







ans-77907611.jpg

柔よく剛を制すスタイル

で慎重に魚とやりとり。


バラしたり切られたらまた怒られてしまう。










慎重に手前まで寄せて再度少し走られるが無事浅場へ誘導して

この旅二本目の










































11~2_R.jpg

神の魚降臨!!
(写真撮影は名古屋のアンチョビさん)
(写真ありがとうございました)








少し小さいが読み通り捕れた一本で満足。

魚体もメチャクチャ綺麗な魚。








なんとゴムオは三日連続アカメを掛けて2キャッチ!


相手はあの幻の魚アカメですよ?

あんまり大きくはないとは言えちょっと出来過ぎじゃないですか?



とか思いつつ多分コレは状況がとても良いんだろう。


そう思いこの良い状況をお裾分けしたいと思い

ゴムオのアカメ先輩であるTURUさんに連絡。



ここ数日の状況を事細かく報告。






























685dcaf4-0a71-3a01-841d-729ad7153bdf_R.jpg

マジか!?明日行くわ!!




漢TURUさんが翌日やって来る!!




そして広島シーバスの時にお世話になっている












f36b2e69-e614-3b7b-bb7c-86088c7c20a1_R.jpg

カワモティーも参戦決定!!






この後この旅最大?のドラマが待ち受ける!!








こうご期待!!








おしまい。





posted by ゴムオ at 10:43| Comment(0) | フィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

伝説のルビーを求めて 第二幕 第三章 第三話 〜教え〜R



93eeb6_02cf2402f5ef4e40b9d50c0044b01e3d~mv2.jpg


前日にモンスター級のアカメにいとも簡単にリーダーをブチ切られて失意のゴムオ。


あの魚を釣ってれば気持ちも安心出来たのになぁ。。。


しかもこの日からポポは用事があり、ゴムオにばかり構ってもいられないので


大きなサポートは受けれない。



アカメなんてそうそう釣れる魚じゃないんやしこのままやと



お魚画像無しの遠征になっちゃうで。。。






そう少しの焦りを感じたゴムオ。





ポポやTURUさんからアドバイスを貰い

自分なりにポイントやタイミングを考えて入ってみる。







このポイント、時合いと言うかタイミング的な事を色んな人に教えて貰ってたので


そのタイミングまでは様子見でキャストし、食いが立ちそうなタイミングで真剣にキャストを開始。


















やはり教えられていた通りHIT率が高いタイミングには

ベイトっ気が出て時折派手な捕食音。





コリャ行けるかも。




そう少しの期待を込めてキャストを続ける。






来るか?来るか?



そう期待しながらキャストするも一気にベイトっ気が無くなってしまった。




他のアングラーは雰囲気が無くなったので休憩している最中

まだチャンスはあると信じてキャストを続ける。










































ゴンっ!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!



ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!





よっしゃ、食った。








切られはしたが昨日も食わしてるのでかなり冷静なゴムオ。








昨日切られてポポに説教されたのでこの日は一般的なアカメタックルにドラグは緩め。






ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!







ジィィィィィィィィィィィィィィー!!







かなり沖に走って全然止まらないのでドラグを締めたくなるが昨日のポポの説教を思い出す。





























ans-77907611.jpg


いぃか?ゴムオ。



柔よく剛を制す。



柔よく剛を制す。や。










そう思い出したポポの言葉にドラグノブに伸びかけた手を再びリールのハンドルノブに戻し







柔よく剛を制す。



柔よく剛を制す。





と唱えて自分を信じさせて耐える。






ジィィィィィィィィィィィィィィー!!





ジィィィィィィィィィィィィィィー!!







と走った先の沖で





ガバガバっ!!






水面を割って出るアカメ。




今回の魚はそこまで大きくは無さそうだがそれでも良く引いて走る。








広い海面を縦横無尽に走り回り





ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!





と走った後に






ガバガバっ!!



と水面を割って出る。




そのやりとりを4.5回程繰り返しただろうか。






観念したのかアカメの抵抗が弱くなったのを感じる。



ココで一気に!




と思う気持ちを押し殺しその緩いテンションで



じっくり、じっくり、ゆっくり、ゆっくり慎重に寄せる。



焦ってテンションを掛けて身切れやバレたら元も子もない。





春先にやったヤエンでデカイカとのファイトを似てるなぁ。



とか思いつつ慎重に慎重に寄せてあと数メートルの所まで魚体が来たのを確認し




ライト照射。







ライトに照らされて水中で不気味に光る赤い目。





魚はかなり体力を消耗して観念しているのを確認し浅場へ誘導しボガグリップを入れて




安堵に包まれるゴムオ。




そして直ぐさまポポに電話を入れる。






昨日のよりは全然小さいですけどやりましたよー!!





おめでとう!がっはっは!!



と豪快に笑ってくれるポポの気持ちに少しだけ応えれてホッとしたゴムオ。







































2017_0815_04091500~2_R.jpg

神の魚、今回も降臨!!!
(写真撮影は名古屋のITOさん)
(写真ありがとうございました)




なんとか今回もアカメをキャッチする事に成功したゴムオ。



コレも全て色々と教えて貰ったり協力して頂いた方々のお陰です。



感謝感謝の想いで温泉に浸かり就寝。








いや〜アカメ釣りって楽しいね!




とかまとめっぽい事書いてますがまた旅は続くのであります。





続く。












おしまい。







posted by ゴムオ at 11:31| Comment(0) | フィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

伝説のルビーを求めて 第二幕 第三章 第二話 〜洗礼と教訓〜R



21024122_R.jpg


何も起こらないままの二日目を終えたゴムオの釣行。
その翌日ポポから

























Mr.PopoLookOut02_R.jpg

今日は良いポイントへ連れて行ったやろう。
行くか?


との誘いが。

直々のサポートに断る理由なんてあるハズも無く二つ返事でお願いする事に。






待ち合わせ場所で待っているとちょくちょくお世話になってる













37097_R.jpg

高知のRGことKANさんとお会いし



そして名古屋から来られた
ベテランアカメアングラーITOさんと四人でポポポイントへ。




ポイントに着くと早速釣り開始。

雰囲気は今回来た中で一番良い。

やはりポポポイント、外さない。



KANさんは自ら竿は振らずに完全アドバイザーとして同行。


ほらほら〜雰囲気あるで〜。

と士気を高めるKANさん。


三人でキャストを続ける。




ベイトが固まり出し時折アカメの派手な捕食音。




エイヤー!!


と懸命にキャストを続ける。






とは言うモノのそんな簡単に釣れる魚ではない。




ルアーチェンジをし、パンも貪り食い、飲み物を飲み、タックルをチェンジしてみたり。




何もないまま時間が過ぎて行き




































そしてその時は突然訪れた。


























































ゴンっ!

ジィィィィィィィィィィィィィィー!!





おっ!喰った!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!


この時のタックルはかなり固めのロッドにPE4号リーダー60lb
ドラグはガチガチに締めては無いけど青物やるにはちょっ緩めかな?くらいのドラグ設定。




そのタックルのリールから







ジィィィィィィィィィィィィィィー!!



ジィィィィィィィィィィィィィィー!!



ジィィィィィィィィィィィィィィー!!





なかなか止まらないドラグ音。



後ろではベテランアカメアングラーのITOさんから




やったな。

ゆっくりやりや。



とアドバイスを貰う。



去年釣ったアカメと同じタックルで去年の魚はこんなに引かなかったのに
今回は物凄いスピードとパワーで





ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




ジィィィィィィィィィィィィィィー!!




とドラグを引きずり出して行くではないか。

体感的には10秒から20秒くらは出されたかと。






そしてかなり沖まで走られた所でアカメが水面を割って出た!





ガバガバっ!!!


ひっ!デカい!!



かなり沖で水面を割ったので正確な大きさは解らないが去年釣ったヤツよりかは遥かに大きい!






水面を割って出たアカメは今度は一気にコッチの手前に走って来る!





ヨッシャ!一気に仕留めに行くで!

その為の強靭なタックルや!!






猛烈なスピードで遥か沖から足元まで走って来たアカメ。


すぐ足元まで来た所で一気に反転!




この引きをパワーで耐えたら一気に勝負ありやろ!

ロッドのパワーで浮かして勝負ありや!



そう考えてたゴムオは















080420161.jpg

グリップエンドを太ももの付け根に当てて青物とのファイトスタイルで

アカメの反撃に備える。






そしてアカメが水面にまで身体を出し一気に反転!



これを多少のドラグを出して耐えれば楽勝やろ!




アカメとゴムオの真の攻防!

いざ!勝負!!!






















































パァァァーーーーッッン!!




















え?切れた???

え?なんで?

何故切れたら解らないゴムオは呆然と立ち尽くす。

切れた個所を確認するとリーダーが切れていた。









いとも簡単切れてしまったゴムオのリーダーと闘志。。。





ans-77907611.jpg

何してんの?

とあきれ顔のポポ。






呆然と立ち尽くすゴムオ。




直ぐさま近寄って来てゴムオのドラグをチェックするポポ。













ans-77907611.jpg

なんでこんなドラグ強いんや!



こんなセッティング教えてないやろ!



ロッドの角度も悪いしリーダーも細過ぎる!



オマエは全ての苦労を無駄にした。



抜け目有り過ぎや。





日頃優しいポポだがこの時ばかりはマジ怒られしました。






いや、切られたのは悔しいけど今までアカメ以外にも大きい魚に切られたなんてのは

何度も経験してるし、しゃーないと思えるんですが





何とかして釣らしてやろう

としてくれてるポポの想いを壊してしまった事に


ショックと言うか猛反省。。。



ポポに対して申し訳ない。。。






その後キャストするも反応も無いので帰る事に。




その帰る道中にもポポからコンコンと説教を受けるゴムオ。













ans-77907611.jpg

いぃか、ゴムオ。

こう言う場所でのアカメのファイトは



柔よく剛を制す。




この言葉を知らないと捕る事は難しい。いぃか?





柔よく剛を制す。



この言葉をよく肝に銘じとけ。







そのポポのお説教にて三日目は終了。




いや〜捕れると思ったんやけどな〜。


60lbをあんなあっけなく切られるとは。。。




ちなみに足元で水面まで出て反転する魚を見たポポは




オレも魚見えたけど

115とか120くらいある魚やったぞ。


勿体ない事したな。





と言われました。。。。










そして四日目へ。。。








おしまい。




posted by ゴムオ at 12:10| Comment(0) | フィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする