2016年02月23日

ゴムオチルドレン垂涎の品が遂に完成!だがしかしそれはただのゴムオの勘違いだった!  〜そして誰も欲っしないへ〜


i_don't_want.png










当ブログタイトルにある

ぎゃんぶらぁの勲

ぎゃんぶらぁ

って何?

とお思いの方もおられるかも知れません。

アタクシはギャンブル関係は一切しません。


このぎゃんぶらぁと言うのは昔二輪車で峠やサーキットを

走り回ってた若い時に作ったチームの名前。



この歳になるとこう言う事を書くと恥ずかしさがありますが

誰しも若気の至りと言うのはあるモノでしょう。


でこのブログをご覧の方は多分皆さん釣り好き。

アタクシの年代やそれ以上の方は釣り好きには車やバイク好きが多い。

又はその逆でもある。


と言う認識をお持ちの方も多いハズ。



なので理解して頂ける人も多いかと思いますが


昔自分達で二輪や車のチームなんかを作ってオリジナルのウェアやステッカーを作ったりした人も多いハズ。

勿論アタクシもトレーナーやブルゾン、ステッカーなんかも作りました。

なのでアタクシにはオリジナルのアイテムを作ると言う風習がある訳です。




で当ブログもそこそこ長い事やってるし(色々ブログを引っ越ししてるんでココはまだ短いですが)

少ないですが多少の方々にも毎日チェックして頂いてるんで

前々からちょっと何か作ってみようかな?

と無謀な事を考え出して早半年くらいか?



まぁウェアなんか作ったって着る機会も無いし着てくれる人もいないんでここはお手軽に



























ステッカーでも作ってみるか。



と考えるも大してデザインなんかも思いつかない。



う〜ん、いつかデザイン思いついたら作ろう。。。



とほったらかしにして早半年。




少し前に漸く重い腰を上げてメモ用紙に鉛筆でササっと




デッサン?スケッチ?を書きそれをステッカー屋さんへ送信しステッカーを発注。








そしてその発注したステッカーがやっと到着しました。


自分的にステッカーの出来としてはまぁまぁ、こんなもんかな?的な。


基本的には自分でメモに書いたそのままのデザインをステッカーにして貰ったんで

素人のアタクシ的に自分で点数を付けると80点くらいかな?




ちなみにデザインは置いといてステッカーの質としては注文したステッカー屋さんの中では一番上のグレードの

10年耐候のシルク印刷ステッカーで無駄に品質だけは良いです。








で肝心のそのステッカーですが


























































IMG_6279_R.JPG

こんな感じ。

基本的にアタクシの手書きがベースです。

釣り人のキャスティングフォームですがホントはもっとカッコえぇキャスティングフォームの

バージョンもあったんですがあえてこのちょっとイケてない感じのをチョイスし






自分らしさを反映(笑)




一辺が80ミリと大きくも無く小さくも無くのサイズ感。



ちなみにバーサスのルアーケースに貼ろうとすると


























































IMG_6280_R.JPG

この向きやと貼れません!!



でも一応































































IMG_6281_R.JPG

この向きでは貼れます。

えぇ、勿論分かってこのサイズにしたんですよ。







でステッカー作った事ある人なら解ると思いますがステッカー作るのって枚数を増やせば一枚当たりの料金が安くなる。


と言う変な考えが発生しそこそこの枚数を発注してしまいました。





こんなに作ったんやけどどないしよ。。。



と途方に暮れている所であります。







なので!こんなステッカー欲しい人なんて居ないと思いますが!万が一!欲しい方居られましたら差し上げます!


ただし!釣り場や現地でお会いした方限定です。


ステッカーおくれ


と声を掛けて頂いてその時ステッカーを持ち合わせていたら無料で差し上げます。

ゴミ箱に貼るも良し、スーツに着いた犬の毛をこのステッカーでペタペタするも良し、

塗装するマスキングテープとして活用するも良し、




使い方はご自由に!




ただ差し上げて目の前で破り捨てるのだけは勘弁して下さい。

心が傷付くので。





それからもっと居られないかとは思いますが万が一!いや!億が一!いやいや!兆が一!

実際遭遇するのは無理やけどステッカーは欲しい!

って奇特な方おられましたらコチラは日本銀行券と引き替えでお譲りします。

一枚当たり500円+切手代です。

欲しい方など居られないと十分承知していますが兆が一欲しいと言う方が居られましたら

ブログに設置してあるメールフォームからご連絡お願いします。



ちなみにこのステッカーを貼った時点でゴムオチルドレンと勝手に認識させて頂きます。

お気を付けて。。。










おしまい。





posted by ゴムオ at 23:34| Comment(8) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

ゴムボールZ ゴムーザ襲来編 〜そして禁断の領域へ〜R





2015年の今年ももう終わろうとしている。



この2015年も幾度と無く挑んで来た

















jan 22 2013 0531.jpg

キハダマグロのキャスティングゲーム。










自分なりには頑張ったつもりではあるが今年も釣果を残せず






























1hqdefault.jpg

ぐぎぎぎぎぎっ!!







どうしてワタシが行く日はナブラが湧かないんだ!!





どうしてこの俺様にマグロが釣れないんだ!!








ぐぎぎぎぎっ!!








どうして。。。





































hqdefault.jpg

このゴムーザ様に

マグロが釣れないんだぁぁぁぁー!!!








と一人でブチ切れてしまう下等生物とは一味も二味も違う釣りセンスの塊ゴムーザ様。












このマグロのキャスティングゲーム。


正直釣り道具だけでも結構な金額がかかってしまう。

乗り合いで色んなアングラーとご一緒するのだがやり込んでるアングラーなんかだとやはり基本






vi_viimg03_R.jpg

saltiga-exp_R.jpg

ステラSWかソルティガと言う10万円オーバーのリールに











7万8万のツナロッド。





しかもそのリールにはもれなく























44226159_o1.jpg

index.jpe

スプールだけで2万強

ハンドル、ノブでも2万円



一番ビックリしたのは














10st6500dn_img_02.jpg

この小さいドラグノブで1万円もすると言う驚きの


高級なカスタムパーツで戦闘力がアップされラインなんかも含めると1タックル余裕の20万オーバーのロッドとリールを一人で


4本.5本も持ち込むマグロのキャスティングゲーム。


アタクシもそれなりに揃えたつもりだが乗り合いで一緒に乗った常連や

上手い人達のタックルを見るとほぼこのカスタムがなされている。



しかしゴムーザは










vi_viimg03_R.jpg

ステラSWのノーマルの雰囲気が好きだったのでオーシャンマークの










kindan_handleknob_img_02_R.jpg

ハンドルノブは使い易いので交換したが


特にカスタムなんかはせず、特にカスタムスプールなんかには興味がなかった。

むしろカスタムスプールを毛嫌いしていた。



















IMG_5921_R.JPG

アタクシの引張り用で導入したステラSW10000PG


PE5号に100lbのラインシステムでナブラが無いダメな日にルアーを流していたこのタックル。







前にデカいキハダが入っていると言う情報で乗った船でこのタックルでルアーを引っ張っていると

船長が徐にこのラインを





















2.jpg

触りこう言った。
























king-cold.jpg

こんな細いラインじゃ食うても獲れんな。

えぇか?よく聞けよ?

今回ってるのは80キロとかデカいヤツや。

こんな細い仕掛けじゃ上げれんぞ。

もっと太いの持ってへんのか?

釣りたいならもっと強い仕掛け持って来い!!
































。。。。。






















































E1430408667096_0d7c_2_R.jpg

なんだとぉ!

せっかく引張り用に用意したタックルが使い物にならないだとぉ!!

PE5号に100lbのリーダーじゃ細過ぎるだとぉぉ!!





そう船長に言われてからデカいサイズが入っていると言う時は










fileuzumarublogshinobijp7e57feefpng_R.jpg

このタックルでルアーを流すのが怖くなるゴムーザ。



ラインを太くして強化しようとするが

10000のスプールには300m近くラインを入れるには5号がMAXだ。























E1430408667096_0d7c_2_R.jpg

くそぅ。。。


10000のスプールではダメだ!



こんな事なら最初から14000か18000にしておくべきだった!!


くそう。。。





そう後悔するがどうせ挑むなら全力で挑みたいゴムーザはスプール交換を試みる。



先程も書いたがステラSWのノーマル感が好きなゴムーザは純正の同ボディー最大の14000のスプールを検討するが

6号だと300m
8号だと200mしか入らない。



6号でも良いが流すならキャスティングの様に飛距離は気にしなくて良いので出来るならより心強い8号を入れたい。



しかし8号だと200mしか入らない14000のスプール。


仮に200mだと最初に70m出して引っ張ったとしよう。


食って船が走っているので一瞬で30m近くは出されてしまうだろう。



そこからデカいサイズなら恐らく100m近くは走られるカモしれない

そうなったら












1439734740442.jpg

いくらパワーアップして強くなってとしても一瞬で


























i320.jpe

お陀仏である。





200mじゃダメだ。

300m欲しいがせめて250m。

250m入ればなんとかイケる!


そう思うがこの10000ボディーの搭載出来るスプールの最大である14000で8号は200mしか入らない。



8号が250m入れば。。。



くそう。。。


6号300で妥協するのか。。。?



と一旦保留し何気無しに釣具屋へ行く。
















消費した消耗品なんかを補充する為店内を物色。




















6pKXSxl_R.jpg

ふむ。。。

こんなモンかな。。。





一通り補充を終えレジに向かうゴムーザ。




そこで何気に通りかかったショーケースの前で立ち止まりショーケース内を覗く。


















PE8号250m











ん!!??















その文字がゴムーザの目に飛び込んで来た!!








































img_7_R.jpg

PE8号250mだとぉ!?









ショーケースを食い入る様に見入るとそこには












07281626_53d5fb1085b3f.jpg

オーシャンマークのスプールがありショーケースの奥に小さい表示ながらも確かに



8号250m



と書いてある!
















すぐさま近くにいた店員を呼びつけて























hqdefault3.jpg

そこのアナタ!
今すぐこのショーケースを開けて

そこのスプールをゴムーザ様に見せなさい。




それともゴムーザ様の力でこのショーケースを

叩き割って差し上げましょうか?








慌てた店員は直ぐにショーケースのガラスを開けて













IMG_5966.JPG

奥にあるそのスプールを取り出すゴムーザ。




















おぉ!















これは!!



































IMG_5968.JPG

これは正しくワタシが探し求めていた

8号250mを入れれるスプールではありませんか!!






これですよ!コレ!


コレが欲しかったのですよ!

ほーほっほっほっほ!!





この店なかなかやるじゃないですか。


ほっほっほ。













さぁ、ザーボンさん、ドドリアさん。











































IMG_5972_R.JPG

このスプールと一緒にPEライン8号とリーダーも頂いて帰りますよ。












これでワタシも














IMG_5969_R.JPG

安心して引張りが出来ると言うものですよぉぉぉぉーぅ!!





ほっほっほ。

































DSC07777_R.JPG

DSC07778_R.JPG


最初は毛嫌いしてたオーシャンマークのスプールもいざ自分のに入れるとカッコ良く見えて来ますね。



NO LIMITS 13SW16000








DSC07779_R.JPG

ちょっと巻きすぎですがPE8号が260mか270mくらい入りました。

まぁ引張り用なんでちょっと多めでも大丈夫かと。






ただね。。。







































IMG_5970_R.JPG

ワタシはマグロをキャスティングで

獲りたいんですよぉぉぉぉーぅ!!





引張りじゃなくて!!

ナブラにルアー撃ち込んで釣りたい!ホントは!





でもこの際とりあえず








































IMG_5971_R.JPG

引張りでも良いですよ。。。










ほっほっほ。







おしまい。





posted by ゴムオ at 15:51| Comment(4) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

久々の買いましたネタR



磯釣りでの命を守る為の装備、ライジャケ、グローブ、そしてもう一つが



















磯靴。

(アタクシの場合ヘルメットもですが)











そのアタクシの命を託している





















IMG_5950_R.JPG

シマノの磯靴。


最初は沖磯でシイラやるのに買ったんですがシイラはゴムボがあったし、

ヒラスズキ始めるも暫くはウェーダーでやってたんで思った程活躍する事なく暫く眠ってたんですが

知らん間に磯ヒラのウェットスタイル時には欠かす事のない装備に。




で最初買う時シマノのヤツはソールが替えれるから経済的!!とか思ってたんですが(今はダイワとかでもありますが)














































IMG_5951_R.JPG

いざ使ってみるとこのフェルトの減りが尋常じゃない。

二、三回そこそこ歩いたらフェルトもかなり減ってる。

ピンもそれに応じてガンガン減るし。

確かにカットラバーピンフェルトはかなりグリップするしえぇんですけど如何せん減りが早い。


ガンガン磯歩いたら1シーズンで何回交換せなアカンねん!ってな位減る。
(ちなみに今まででも結構な回数新品に交換してます)




しかもこの靴結構な重さやしね。

なんでこれやったら違う靴の方がよくね?

まぁまだ使えますけどボチボチ新しいのとか。。。



とか思い出して色々検討。




他の靴も良いですがシマノのカットラバーピンフェルトのグリップが忘れられず











tsurigu-yokoo_yn78570241.jpe

この辺りにしよかと思いましたが



このBOAってすぐ潰れちゃうんでしょ?

中に潮でガジガジになって回らなくなるんでしょ?

この細いワイヤーも磯で瞬殺で切れちゃうんでしょ?

泳いで磯に上陸する時あっけなく切れちゃうんでしょ?



きっと。





とか思うとなかなか、ね。


でダイワのはゴツ過ぎてイヤやし。







で結局辿り着いたのが




























IMG_5952_R.JPG

マズメのウェーディングシューズ。





評判聞くとかなり良いみたいやし思った程高くもなかったし。

部屋で試し履きした感じかなりガッツリしててしかも重くないし水抜けも良さそう。

これからはコイツで磯を歩きますかね。




まぁまだシマノの靴にも働いて貰いますよ。

あのままでもまだ使えるし、ソールをラジアルにしたりビブラムにしたり色々使えますし。














おしまい。





posted by ゴムオ at 23:50| Comment(2) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

超初心者ライトヒラスズカーゴムオ、遂に初心者ライトヒラスズカーへ〜そして購入へ〜R



アタクシの好きな磯でのヒラスズキ釣り。

その釣りの装備のスタイルには大きく二つあり一つは
















PBW-011-TOP-a01.jpg

ウェーダースタイル。

そしてもう一つが





























31vE7CSFCWL._SY355_.jpg

ウェットスーツスタイル。



アタクシはヒラスズキを始めた時はウェーダーで釣りをしていたが安全面と攻めれる戦闘力の違いから







ウェットスーツにシフト。






今更ウェーダーとウェットスーツの戦闘力と安全性の違いを述べる事も無いと思うので割愛しますが

アタクシが着用してる



















31vE7CSFCWL._SY355_.jpg

RBBのウェットスーツ。



このウェットスーツは安くて釣り用に作られていて且つ3mmと言う厚みなので動きやすく使い易く気に入っているのだが


3mmと言う厚みなので春や秋だと最適なのだが冬にコレを着て水中に浸かるのは。。。

春や秋でも浸かって濡れた状態で爆風に吹かれると凍える寒さ。。。



真冬でもヒラスズキゲームをやろうと思うゴムオは前々から今年の冬前に絶対に購入しようと計画していた





















































IMG_5773_R.JPG

リアスのカスタムドライスーツ。












こないだオーダーをして約二週間程で

































IMG_5770_R.JPG

来たよ!!




























IMG_5771_R.JPG

生地とステッチの色を指定出来たのですが一番シンプルな黒にシルバーのステッチをセレクト。

中にインナーを着れる様に結構大き目に作ってあるみたいですね。

ちなみに標準ではブーツ仕様なのですが磯シューズを履いて使いたいのでソックス仕様に変更して貰いました。





















IMG_5772_R.JPG

使うのはもうちょっと季節が進み寒くなってからですね。



さてさて。。。
















おしまい。





posted by ゴムオ at 07:28| Comment(4) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

ゴムオの断固たる決意による決断 〜そして乗り換えへ〜R



アタクシの使っているiPhone5s。

もう直ぐ所謂二年縛りも解けるから次はどうしようかな?


と考えているのは事実だが今回は


そう言う話ではない。




では何の話かと言うと



























photo_R.jpg

フックの話。




アタクシ今までフックはカルティバを使用していました。

理由と言う理由は特に無いんですが一般的に釣具屋で売ってるソルト用のルアーを買うとカルティバのフックが装着されて来ますよね。

なので。



マグロ用のルアーとかは大概フックレスで売っててルアーメーカー推奨が大概カルティバのST-66の何番とかで買いてあるから。

でそれもあってフックはほぼオールカルティバを使ってました。

ヒラスズキをやり出してアタクシの魚とのやりとりが下手なせいか標準フックのST-46が伸びる伸びる。
そのおかげでバレまくり、特に掛けた魚がデカければデカい程バレる。。。




でちょっとパワーアップしたと言うST56やらSTX58なんかを使ってました。

それでもバレるんですよ。

多分ファイトの仕方と使ってるタックルがヘビーなんが原因なんでしょうね。
タックルバランスが悪いのかと。




前に購入したルアーにがまかつのフックが装着された仕様があってそれを使ってて感じたのが


がまのフックってやっぱり刺さりえぇなぁ〜。


ほんでもってなかなか錆ひんやないの〜。





カルティバのフックは粘りがあるが曲がる、がまかつのフックは固い半面折れると言うのが実情。

切削工具で言うとハイスと超硬と言う所でしょうか。


でここ最近の釣行でアカメの数少ないバイトをフッキングに持ち込めへんわ、バラすわ、デカかったヒラもバラすわでかなりご立腹のアタクシ。




何度も先に言うときますが原因はアタクシの下手さにもあるんでしょうけど




こないだの推定ランカーヒラをバラした時なんですが



















DSCF0806_R.JPG

スリーフックの三本とも同時に伸ばされるってどう言う事ですの?


確かにSTX58の#6でパワーファイトすんなっちゅー話ですが掛けた場所が場所なだけに多少強引にせなアカンかったんですもん。。。






でその伸びるのにご立腹だった上に前からホンマ不満やったんが錆ね。






カルティバのフックはホンマに錆びる。

別に使ってもないのに帰って水洗いしただけで錆びる。



フックが錆びるだけならまだえぇけどフックが錆びた事でその錆をスプリットリングやらルアーのボディーに感染させよるからホンマに嫌い!







カルティバのフックが伸びるんは元々マテリアルが靭性のある性質なんでしょうがフックは完全に貫通してしまえばそこそこ力掛けても伸び無いハズ。


要はカルティバのフックって刺さりが悪いから完全に貫通せずその影響で伸びてるんでしょ?

てこ的な力で。





錆てるフックも使える事は使える。

フックポイントも研げば釣りとしては使える。

でも錆びてたり研いだりすると表面的に絶対貫通力は落ちる訳で

貫通しないと、、、

ほら、伸びる訳で。







と言う事は刺さりの良いフックを使えば問題は多少解決するんじゃ?

と安易は発想で



































IMG_5710_R.JPG

さよなら。。。

直ぐ錆ちゃう

カルティバフック。。。





















そして













































IMG_5704_R.JPG

こんにちは!

IMG_5711_R.JPG

がまかつフック!!





とりあえずヒラ用とアカメ用のフックをがまフックにしてみました。

錆に感染したスプリットリングも全て新品に交換。




フックだけでゴムオのお小遣いは壊滅的な打撃を受けました。

あと使うルアーのセレクトももうちょっと大物対策でチョイスしようと思います。

スタメン、ベンチ入りの再選をしエースも世代交代の時がやって来たかもしれません。


あ、マグロ用のルアーは引き続きカルティバで行きますけどね。







おしまい。







posted by ゴムオ at 00:00| Comment(8) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする