2018年09月21日

GMO ANGLERS FACTORY より新製品のご紹介R

archive_7076_01_R.jpg

毎回毎回小さい外道のお魚の画像しかアップ出来ないのでたまには釣り具ネタでも。




最近車で走って行く釣りの他に飛行機で行く釣りも増えて来たゴムオ。

自家用車の自走とは違い飛行機や電車、バス等の公共の交通手段での釣りに行くと

新たな問題が出て来る。


何かと言うと荷物の運搬。



まず釣り道具等何に入れるかと言うトコロからなんですがロッドはとりあえず破損絶対回避の為に

ちょっと重量は嵩んでしまいますが専用のハードケース、通称バズーカに収納する事に。


でその他のリールやルアーやジグやウェアやを入れるのに


大きいスーツケースが良いですよ。と教えて貰い試してみましたが


ゴムオ的には釣りをするのに最初と最後に船の上でスーツケースを開けて釣り道具を出して、、、



とかするのがどうも馴染めないので
やはり釣り道具は通称ドカットに(バケットマウス含む)入れる事に。


で、この二つの釣り道具をどうするか?



年収億越えの人達は運送業者にお任せして家からホテルまで、ホテルから家まで送れば良いんですが


如何せんゴムオは貧乏アングラー代表でありますのでセコセコと飛行機に持ち込みを試みる。


と言う作戦で前回行ったのですが、、、


荷物の送料がいらないので費用としてはかなり浮いたので良かったのですが


なんしか

























通称ドカット(バケットマウス)が重い!!


えぇ、、、リールにルアーにジグに色々詰め詰めで15kgくらいになってましたからね。


重量的に有機溶剤の一斗缶とだいたい同じ重量。




それを極力手で持たずに済む交通手段で行ったんで実際持って歩いたのは「行き」で



空港駐車場〜空港カウンター

空港荷物コンベア〜バス乗り場

バスターミナル〜ホテル自室

ホテル自室〜ホテル前タクシー



の僅かこの距離なんですがやっぱり
背中にDバッグ背負って片手にバズーカ持って更に15kgの通称ドカットは重い!!


しかも当然疲れた身体で帰りも。







う〜ん、、、


通称ドカットで持って行くの釣りする分にはえぇねんけど持ち運びがなぁ。。。


なんとかならんかなぁ。。。





と懸命に考えたゴムオ。




















せやっ!!
























































































IMG_3152_R.JPG

キャスター付けたろっ!!





IMG_3153_R.JPG


コレ付けて



















161659_5_R.jpg

スーツケースみたいに引きずったろっ!!




と言う事で通称ドカット(バケットマウス)にキャスター付けてみました。




これを付けるにあたってゴムオの拘りは



本体に穴開け等の加工厳禁。

キャスター付けるのは移動時のみで船上では邪魔になるのでワンタッチの脱着が可能な事。





と言う自分での縛りを見た目はブサイク感がありますが見事クリアした








ゴムオ 遠征用チューンド通称ドカット(バケットマウス)






オプションを取り付ける部分を使っているのでバケットマウスであれば勿論


































IMG_3154_R.JPG

近場のジギングやキャスティングで使ってる中サイズでも取り付け可能。



勿論

































IMG_3157_R.JPG

ライトゲームに使ってる小サイズにも取り付け可能(手で持てよ)







取り付け、取り外しも工具一切不要の蝶ネジ二本で僅か10秒!!


移動時はキャスター付けといて船に乗ったら取り外して邪魔にならない所に置いといたら完璧?





とりあえず荷物そこそこ入れて部屋でコロコロと転がしてみましたが良い感じ。

当初心配やった強度も問題無さそう。





キャスターをもう少し大きいのにしても良かったかな?と思いますがアカンかったらキャスターだけ交換したらえぇかと。
今回は軽さ優先で出来るだけ小さいキャスターを採用。






コレなかなか良さげです。





メーカーさんからもっとコンパクトで専用のキャスター出してくれへんかなぁ。。。


それ出したらドカットからバケットマウスに乗り換える人多いと思うけど。


ドカットとバケットマウス、釣りやり込んでる人ほどドカットが多いよね。


ただ今回はバケットマウスにして良かったと思いやした。








※追記



その後色々とキャスターの位置と向きを調整したら
更に持ち重りが軽くなるセッティングを見つけました。

まぁ物理的に考えてそりゃそうですよね。








IMG_3158_R.JPG

めちゃ楽です。

コリャ〜いぃです。










おしまい。






posted by ゴムオ at 23:03| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

ゴムオウィンターウェア白書2017R



wholesale-high-quality-5mm-mens-2-pieces_R.jpg

先日コメントに

ゴムオ冬のウェアはどんなん着てるん?


と間違いなくウソだと思われるゴムオを師を仰いでいると言う

TP8000さんと言う方から質問を頂いた。

ホントかどうかは分からないが真面目に質問されてる様な雰囲気を僅かながらに感じ取ったので

流石にコメントでは長くなるのでTP8000さんへ向けたレスコメントの記事を書きます。

毎年衣替えをする時に自分でも
冬って何着てたっけ?
夏って何着てたっけ?

と忘れて困るので自分の備忘録としても。


先に申し上げておきますが別に普通の着回しやし1ミリもカッコ良くありませんし

自分的に

こんだけ着たらそないに寒くないな〜。


的な事なんで一切の期待とか無用です。

あと、他にももっと高級な良いウェアなんかがあると思いますがそれはまぁ置いといて下さい。

ビンボーアングラーゴムオには手が出ません。





さて、今回は冬のウェアと言う事でとりあえず寒さ対策には最近の言い方で言うと

レイヤリング?古い言い方をするなら重ね着?ですよね。




ゴムオの場合はとりあえず一番のアンダーウェアとして(所謂肌着)








1107486-montbell_R.jpg

od-tengoku_mbl-1107287_R.jpg

モンベルのジオラインを着ます。

一般的に寒い時はユニクロのヒートテックってイメージがあるかと思いますが

ヒートテックは汗をかく状況だとかえって冷えてしまうので絶対ダメ!!

オマエ死にたいのかっ!?

とガチの雪山を登っている人から聞いた事あります。

で汗をかいても速乾性があって大丈夫なアンダーウェアで比較的安いジオライン。





でその上に




















67074303_o1_R.jpg

lofty-leg-o1_R.jpg

UZUのロフティーを着ます。

ちょっとお高いですがパタゴニアの同じ素材のポーラテック?を買うと
2倍か3倍くらいするらしいです。

そこそこ薄手で速乾性があって良い感じです。

ただアタクシと一緒に寒い時期に釣りをした事がある人なら見たことあると思いますが

アタクシは上下オレンジのこのロフティーを着てるんですが見た人100%笑います。


オレンジのモジモジくんやんとクスクスと笑われます。お陰で身も心も温まります。







でその上は寒さで変えますがゴムオのフィールドの極寒の厳冬期なら





images_R.jpg

シマノのブレスハイパー?のコレ着てます。

コレ繊維の臭いか分かりませんがちょっと石油臭いんですが

恐ろしく暖かいと言うかちょっと気温が低いくらいでコレ着たら暑いし汗かきます。

マジで暑いくらい。


今時期の寒波が入ったくらいいやとコレの上にアウターで丁度良いかと。

ちなみに下半身も同じ様なヤツを履きます。


で1月2月の厳冬期やとこの上に



















149679582_R.jpg

ユニクロのウルトラライトダウンを着ます。


ユニクロのウルトラライトダウンて。。。

もっと暖かいのあるやろ。

と言われそうですが何故ユニクロのウルトラライトダウンなのか?



汚れても、魚臭くなっても良いから。です。


もっと暖かいお出掛け用のは釣りで汚したくないですからね。





ちなみに下半身は






images_R.jpg

コレです。
ちょっとお高いですがダウンパンツの効果は半端ねぇっす。






で最後にアウターを着ます。


このアウターですが一応シマノの透湿素材の小マシなヤツも持ってますがショアでは着ません。

それは遊漁船とかだけでウェーディングとかしないショアは基本的に















tsuribitokan_4997223464206_R.jpg

釣具屋の入り口にパクられてもまーえぇわ的に吊るしてある安物を着ます。

上下セットで6000円くらいの。

前はショアでも小マシなヤツ着てましたがゴムオの釣りをするショアのフィールドは

磯、テトラ、波止が多く結構ハードに使うと直ぐに生地がダメになったり

破れたり、必要以上に汚れたりで勿体ないのでリーズナブルなのを着てます。

正直使い捨て感覚ですかね。



身体本体はコレで良いんですが冬場は各所手足も冷えるその辺を。。。



靴下は










1107478_montbell_R.jpg

ジオラインのインナーソックスを履いてその上に







astyshop_03-k4lt1ftwtd-5e9z_R.jpg

SIMMSのやたら分厚くて暖かそうなヤツを履いてます。





4969363434166_R.jpg

その上に冬用の長靴や所謂ウィンターブーツ的な?
まぁこれは行くポイントで色々と変えてます。






次に首回りですがコレも色々と試しましたがゴムオの中で落ち着いたのは



















83305794_R.jpg

FREE KNOTのフェイスマスク。

コレがゴムオの持ってる中では一番暖かいかなー?
冷たい風を通さないのが重要かと。


で波飛沫が容赦なく打ち付ける状況やと














imgrc0065164158_R.jpg

ネオプレンのフェイスマスクです。

濡れてもそこまで不快にならないしコレはおススメですが間違って



















bull-eye_aa-or-2491060_R.jpg

こう言うのを買わない様に注意して下さい。
警察に通報されるの必至です。
(ゴムオは一応持ってますけどね)




で次に頭部ですが









sim_R.jpg

FREE KNOTのニットキャップを着用。

この辺はそれっぽい暖かい謳い文句のヤツやったらえぇんじゃないでしょうか?


ただゴムオはこの中に














FHU0213_R.jpg

naturum-outdoor_2827434_R.jpg

ファイントラックのビーニーを着帽しております。

1月2月の真冬の爆風の夜中に釣りをする事が常なゴムオは普通のニットキャップだけやと

風が防ぎきれず寒過ぎてこれを被る事に行き尽きました。

コレはかなり効果高いのでお勧めです。

個人的には冬場は耳が痛くなるくらい冷えるので耳ありタイプが良いかと。



最後にグローブですがコレも色々と分厚いのやら試しましたが

シーバス、ライトゲームメインになるゴムオの釣りやと指先仕事が多くなるので




61E2-w54BlL._SL1500__R.jpg

普通の三本指カットのネオプレンのグローブになります。

画像はシマノのそこそこの値段のヤツですがこのグローブもキャストし続けると
直ぐに指先がボロボロになるので

最近は安いヤツを使い捨て感覚で使用しております。

1000円台のヤツを複数買いして釣りしてる間に着替えたり。

ネオプレンと言うても濡れるとやっぱり不快で冷たいですしね。


このポイントとしましては指のカットの仕方が大きくカットしてあるのと
先っちょまであるのとでは指の冷たさがビビるくらいに違うので
寒さ対策優先なら出来るだけ先っちょまであるのをチョイスしましょう。

ただ多少の指先作業性は落ちますが。


分厚いグローブも防寒性は良いのですがゴムオの釣りスタイルにはちょっと
ストレスが溜まる事が多いので手先の寒さは諦めてます。

指凍る!凍る!ってのよくあります。







最後になりますが最強の防寒としましては



























big-hit_R.jpg

コレではないでしょうか?

魚からの反応があれば寒さは忘れますし、

魚とファイトすれば汗かくくらい暑くなります。

テンションも上がりますしね。


冬場の釣りを堪え凌ぐのはコレが一番のキーかと。。。




かと言って防寒ウェアを舐めて


寒い!寒い!言いながら釣りしたのでは集中力も持ちませんし

心が直ぐに折れてしまいます。



極寒の厳冬期に快適に楽しく夜通し釣りをするなら

これでもかっ!!ってくらい防寒して行く事大事ですね〜。





TP8000さん、こんな感じで良かったでしょうか???






おしまい。





posted by ゴムオ at 10:04| Comment(2) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

夏休みの自由研究〜工作編〜R




list_day_title_R.jpg


アタクシ、釣り初心者のゴムオ。

今週も先週に続き行きたかった海は台風の影響でババ荒れなのでお家でダラダラと。


こんな時間のある時にやろうと思っていた一件が。





ゴムオは釣りで使用するラインは基本的に自分で巻いている。

あんまりどうでもえぇ釣りの時とか急遽遠方でライン交換が必要になった時とかは
釣具屋さんに巻いて貰ってますけど。

初心者ゴムオは一丁前にタックル準備の観点から


「ラインを巻くトコからが釣り」

と変なポリシーなるモノがある。


ノットを人にやって貰うのがナンセンスな感じで

ラインも自分で巻いてこそ「自分で釣った」と言いたい。


そんな釣り初心者のゴムオ。



比較的ライトなラインの巻き替えは

















33132.jpg

第一精工のDSリサイクラー?フル装備???


とか言うヤツで巻いたりひっくり返したりしてます。

PE2号くらいまでならコレでテンション掛けて巻けるかなと。


ただそれ以上太いラインになるとドラグが滑ってカンカンにテンション掛けれないし。




それ以上にカンカンに巻こうとすると





















so01_04_R.jpg

スタジオオーシャンマークとUOYAの商品の

糸巻き工場?IK1000???やったっけ?


とか言う釣具屋さんにある一応業務用みたいなので巻かないとダメみたいで

どうしたものかと。


最初の頃は釣具屋さんでライン購入して巻いて貰ってましたが

毎回釣具屋さんに行くのもアレやし、自分で巻けるならラインも安く入手出来るし、
ラインをひっくり返したりも自由自在やし、何せ自分で巻いきたい。




と言う事なんですがなんせこの













103402983_R.jpg

IK1000?が恐ろしくお高い。

お値段約10万円。。。オーゥゥゥ。。。




そんなお金が無い貧乏アングラーゴムオはなんとか自分で巻きたいと言う想いから
















IMG_20170806_135528_R.jpg

この心臓部であるドラム部のIK500だけ購入。

これだけで5万弱したんちゃうかな。。。


これを数年前に買って動かないテーブルとかに固定して

リールをセットしたロッド(#2)を持って

部屋でギンバル装着してひたすら巻いてたんですが

何せ巻くだけでもしんどいのにロッドとリール持って

PE8号とかをフルテンション掛けて巻くのがしんどいしんどい。。。



と言う事で

しゃーない。専用の台だけ売ってるし買うか。

と調べると


























103402418_R.jpg

この台だけでも約5万円もするやないの。。。ノーーーゥゥゥっ!


いやー、コレに5万円は無理っす。。。




と言う事ですんなり諦めれる訳もないゴムオは























IMG_20170806_164915_R.jpg

ホームセンターと釣具屋で材料を寄せ集め







IMG_20170806_164933_R.jpg

それっぽいのを製作。








IMG_20170806_160714_R.jpg

ドラム部以外はゴムオオリジナルなんでちゃんと巻けるかは分かりませんが

雰囲気はバッチリです(笑)


無駄にベアリング入ってるローラーとか入れてみました。
(何カ所か位置調整可能)


気になる掛かった費用ですが全部で



5000円くらいかと。




でもやっぱり6号、8号は体力的にしんどいから

お店に巻いて貰おっと(笑)















おしまい。




posted by ゴムオ at 17:31| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ゴムオの@@が次々と謎の死を遂げる。。。〜そして金欠へ〜R


hqdefault_R.jpg


先日仕事を終えて帰宅する。

部屋に入り照明を点灯。

少し釣り道具を整理しようと久々に押し入れを開けると











































ひっ!





しっ。。。













































































DSCF2698_R.JPG

死んでる。。。





何故かゴムオの命を守るハズの自動膨張のライフジャケットが息絶えている。。。


何時、誰に殺されたか解らず喪に服しながら翌日も仕事をし帰宅すると


































ひっ!









































2300Inf_R.jpg

死んでる。。。









何故かライフジャケットが次々と謎の死を遂げて行く悲劇に見舞われるゴムオ。








二名もの戦友が死に追い込まれショックを隠し切れないゴムオ。









そしてこないだお出掛けしようと車に乗り込んだ際
何やら見慣れない派手な物体がシートの下からはみ出ている。



ん?


なんやコレ???











































ひっ!

























































BSJ-3500-open_R.jpg

死んでる。。。



車に常備してあったライフジャケットまでもが知らない間に謎の死を遂げている事が判明。。。












コレが無いとオフショアに行けないのでとりあえず

























DSCF2699_R.JPG

交換のリペアパーツ?買ったけど一個















DSCF2700_R.JPG

3千円もしよるんやで。。。



ゴムオの貴重なお小遣いを毟り盗って行く何者か。。。






もうこれ以上悲しい事態には陥りたくないので

ゴムオの自動膨張のライジャケは






























DSCF2701_R.JPG

チャック付き袋に乾燥剤ブチ込んでの保管にする事にしました。


何もしてないのに1万円の出費まぁまぁキツイー。。。





おしまい。




posted by ゴムオ at 13:39| Comment(0) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ノーマネー、ノーフィッシュ、ノーショッピング R



3f665cf2_R.jpg

相変わらず脊椎圧迫骨折中のゴムオはお家で引きこもる日々。



お家でネットをウロウロしポチポチしたいのは山々だが
仕事も休んでいたので収入も激減しそれも出来ない。


なのでお魚の画像はおろか「最近購入した一品」
なんて物もアップする事が出来なくなってしまった


ひもじぃゴムオ。






なのでひたすら家でモジモジしているのだが

本日やった事。。。
























































DSC07849_R.JPG

夏本番を目前にしこれからのシーズン大活躍するゴムオの



水筒。

クーラージャグって言うんですかね???




このゴムステを貼って自ら恥ずかしめの仕様にチューンしているんですが

本日あまりにもする事が無かったのでこのゴムステの反対側に












































DSC07850_R.JPG

ステッカーを追加しましたよっと。


ゴムオの夏場の釣りのお供のステッカーチューンされた水筒。


皆さんもこれからの酷暑にはくれぐれも水分補給をお忘れなく。






そして最近暇過ぎたので



































DSC07847_R.JPG

16ノットを覚えてみました。

ゴムオの16ノット処女作にしてはそれっぽく出来てると思うんですが。。。

これで大丈夫ですかね?








釣りはいつになったら行けるのやら。。。












おしまい。





posted by ゴムオ at 18:25| Comment(2) | 釣り具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする