2011年09月18日

全日本委託クーラーボックス保冷力性能検証研究機関KT2

th_DSC05561.jpg

届いてますよ、えぇ。
シマノスペーザリミテッド350。

I-CEは脅威の60h(I-CEとは外気温31℃で氷の容量が20%での氷の保持時間)


実際届いて満足気に触ってみるとやはり前のホリデーランドの物より一回り小さくなってようだ。
外寸、内寸共に。
しかし各部の作りのしっかり度が尋常じゃない。
6000円くらいのクーラーとは比べ物にならない。
随所に「考えました」の結晶が伺える。
まずこの35リッターモデルではしばらく蓋は開けないぜと言う時の為にサイドにも蓋をしめるバックルが付いている。ので四面から蓋締めれるのでガッツリ密閉。
四隅はクッションが付いておりハードな使用にも耐えうる、キャスターなんかもホリデーランドのはフローリングで引きずってもキュリキュリキュリと悲鳴を上げるがスペーザは音はおろか転がりも非常に滑らかだ。例えるならアロンソのスタートのタイヤの転がり出し級。
保管時に場所を取らない為に立てて保管も可能。その為にサイドにはクッションブロックも搭載。うーんなるほど〜。
ショルダーストラップも付いているがストラップが底を通らない止め方なのでストラップが水に濡れる事も無い。
排水時のドレンもワンタッチで一瞬だ。




th_DSC05564.jpg

中を拝見するとトレーが付いておりこのトレーに食料や飲み物、または魚を締めるアイテムが仕舞えそうだ。
そうする事によって簡単に魚のヌルヌルがペットボトルに付くのを死守出来る。素晴らしい。
しかし先ほども言ったが中も一回り小さくなってしまった。
ホリデーランドが48リッターに対しスペーザは35リッター。まぁ保冷力を考えれば仕方が無い。
ちなみに勿論中の作りなんかはもう完璧。
北朝鮮がミサイルを撃って来たらこの中に隠れよう。きっと核シェルターにもなってくれるだろう。


コチラは今まで使った
th_DSC05566.jpg

ホリデーランドさんのクーラー。
もう用無し。これのもう一つ大きいサイズも売ってるらしくそちらは容量76リッター。350ml缶なら120本も入るらしい。おそるべし。





















で、



だ。






ココに二つのクーラーボックスがあるんだから一度保冷力の徹底検証をしてみようと思う。
検証方法はこうだ。



th_DSC05568.jpg

それぞれのクーラーに氷太くんと常温もペットボトルのお茶一本、そして0℃までしか測れない温度計を一つずつ入れる。
氷太くんのメーカー曰くこのサイズには氷太くん2個が目安らしいがまぁあくまで実験やし来週に釣りに行く可能性があるので氷太くん全て使ってしまうと凍るまで時間を要するので氷太くん一つで。

でコレで蓋をして部屋に放置。出来る事なら炎天下の元屋外に放置したいが万が一の盗難とかの恐れも考えて部屋放置。
で一日二回(くらい)中の状況確認と温度の測定。

公平を期す為蓋の開閉は二つ同時に開けて中味を検証、その後二つ同時に締めると言う方式を採用する。

これでどの位保冷力の違いが出るかを検証してみよと思う。
多分炎天下の屋外の方が両者の差が出るかと思われるがあくまでコレは参考程度の実験。
出た結果を元に皆様で情報を有効活用下さいまし。



と言う事で本日のAM9時から実験スタート晴れ!!


途中経過、結果報告は次号の記事を待て!!








菅野へ。

誠に残念なお知らせですが
th_DSC05569.jpg

ユーのクーラーは発砲ウレタンのもう一つ下の発砲ポリスチレン、所謂発砲スチロールだった様だ。






th_DSC05571.jpg

ちなみに船長のは三面一体真空パネル採用。えっへん。

三面とは側面と底だったな。





※KT2(カッチコチ)


今からブンブン行ってこよっと。








おしまみ。


















posted by ゴムオ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クーラーボックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

イサオ'Sハートを鷲掴みR

最近欲しい物がある。と書くと「オマエは平成の物欲王だろうが」と言う声が聞こえて来そうだ。確かに欲しい物は天文学的数字の数程ある。
多分三千万くらい自由な金があれば家とか買わずして三時間で使い切る自信がある。

ではじゃぁこう書こう。


「今現実的に買える範囲でコレが一番欲しい。」





その欲しい物は何かと言うとクーラーである。
クーラーと言ってもエアコンではなく勿論釣り人の憧れ「えぇクーラー」である。
こう書くとまたもや「オマエはどーせエソしか入れないだろう」と言う声が聞こえてきそうだ。確かにえぇクーラーを買ってもエソしか入れないだろう。しかしエソはボクちんにとって掛け替えの無いトモダチだ。
ボクちんがボウズになりそうな時でも自分の命を投げ打ってボクちんのボウズを回避させてくれる誰以上の親友である。
その自分の命を投げ打ってくれたエソの命を無駄にする事は出来ない!エソを如何に鮮度良く持ち帰るかが我釣りのテーマでもある。



少し前に今ある安物のクーラーにアルミホイルを貼ると言うチューニングを施した。
しかしあんなモン暇やからやったタダで出来る気休めにもならない事は自分でも分かっている。
実際前回の釣行で使ってみて感想は「うーん…変わってるんかなぁ」だ。
実際氷を入れて完全に溶けるまでの時間をアルミを貼る前と後でストップウォッチで計ってみたら一秒無いだろう。
セブ(ベッテル)とルイス(ハミルトン)の予選のタイム差くらいのモンだ。
ショボいモンはショボい。
かと言って穴空けて発砲ウレタンを充填するのは貧乏臭いしイヤだ。



しかしクーラーはショボいがボクちんの保冷剤には氷太くんがいる。
−16℃を武器とする氷太くんだ。
ウチの冷凍庫は−25℃くらいになるが二週間冷凍庫のブチ込んどいても−13℃にしかならない強気の氷太くんだ。
確かに−13℃でも凄い。家から氷太くんと一緒にウィダーインジェリーを入れといて釣りしながら飲もうとしたら完全にシャーベットになっておりもう少しほっとくと確実に凍ってた保冷力と言うか凍結力の氷太くん。
その氷太くんを生かすも殺すもクーラー次第なのだ。
だからえぇクーラーが欲しい。
うん!欲しい!







で色々調べるとこうだ。

クーラーと言うのは当たり前だが保冷力はボデーと言うかパネルの中味の材質で決まる。
一番安いのは発砲スチロースが入っている。
次に発砲ウレタン。
で一番えぇのが真空パネルだそーだ。

しかも真空パネルをクーラー6面に対して3面使って後は発砲ウレタンとか一面だけ真空パネルで後は発砲ウレタンとか色々ある模様。
真空パネルってのは保冷力は抜群だが重いらしく全面使ってるのはチョー高いしワイドなヤツはあんまり無い。
その反面発砲スチロールは保冷力はショボいが軽い。

なるほど。
布の服と鋼の鎧みたいなトコだな。
武闘家と戦士の違いだな。


で実際買うならどの位のモデルにするかだ。
確か菅野が持ってたヤツが値段から推測するとヤツのクーラーは発砲ウレタンのヤツだ。
それに負ける訳にはいかない。
では真空パネル採用モデルだ。ふむふむ。




と自分で色々ググって出た結論がコチラ↓(まだ買った訳じゃないよ)

































































シマノのスペーザ350リミテッド!!
product1.jpg
もうこのたたずまいを見て「おっ…おぉぉぉ…」としか出てこない。
コレは今使ってるサイズがボートに入るピッタリサイズでしてそれよりも若干小さくはなるがほぼ同じ大きさ。
がしかし保冷力アップの為パネルが分厚くなっているので内寸が少し小さくなる。
まぁエソしか入れへんし問題ないけど。
しかし真空パネル三面+ウレタン。えぇクーラーだ。ほしい。


ちなみにこのクーラーは


























イサオ検索ランキング第一位!
イサオ欲しいランキング第一位!
イサオ釣りに持って行きたいランキング第一位!
ボートにスッポリ入るよランキング第一位!
青物釣りに行くならランキングクーラー部門第一位!
ボウズになってもクーラーだけはランキング第一位!
上司と釣りに行く時持って行きたいクーラー部門第一位!
彼氏が持っていて欲しいクーラーボックスランキング第一位!
釣り友達が持っていると尊敬するアイテムクーラー部門第一位!
釣具屋での売れ筋ランキングクーラー部門第一位!
家で酒飲みながら眺めたいクーラー第一位!
震災時一番頼りになるアイテムクーラー部門第一位!
顧客満足度クーラー第一位!
ナブラが起きた時網にもなるクーラー第一位!
ミネラルウォーターを入れるならクーラー部門第一位!
もし停電になった時頼りになる存在第一位!
嫁のオヤジと釣りに行く時是非持って行きたいクーラー第一位!
初めて買うならクーラー部門第一位!
蓋が取れて洗えるクーラー第一位!
タモ忘れた時タモにもなるクーラー第一位!
もしボートがパンクしても浮力体になるクーラー第一位!
アンカー忘れてもアンカーになるクーラー第一位!
消臭もついてるよクーラー第一位!
最悪とれとれ市場に寄れるクーラー第一位!
漁師のオッサンが一礼していくクーラー第一位!
漂流した時棺桶代わりになるクーラー第一位!
海上保安庁に顔パス出来るクーラー第一位!
北朝鮮から日本まで氷が溶けないクーラー第一位!
実は寛平がアースマラソンで引きずっていたクーラー第一位!
なでしこジャパンも愛用クーラー第一位!
サメに襲われた時逃げ込めるクーラー第一位!
メタルジグが飛んで来た時に逃げ込めるクーラー第一位!
生き餌が永遠に生きてるクーラー第一位!
中にクマを入れるを冬眠すると話題のクーラー第一位!
冬場に使っても使えるクーラー第一位!
コロコロの引き心地ランキング第一位!
車への積み降ろし易さランキング第一位!
釣り場でゴミ箱と間違えられないクーラー第一位!
自分の釣った魚をついつい他人のクーラーに入れたくなるクーラー第一位!
入れた後新鮮に食べれたクーラー感想アンケート第一位!
レッドブルを冷やして飲むには最適クーラー第一位!
シュークリーム保冷最適クーラー第一位!
ライブウェルに私用目的クーラー性能第一位!
疲れた時腰掛けて快適クーラーアンケート第一位!
最悪リバースしてもこの中に履けば凍るクーラー第一位!

等々…。


少し如何わしランキングもあるがそれはミュージックステーションのゲストで出てるジャニーズがランキングに食い込んでるのと同じくらいに思って頂きたい。







と言う事で値段をリサーチしてみるとそんなに高くない。
買えない事もない。

と思いどこで買おかと調べていたらどこのサイト見ても「在庫切れ」だそーだ。
売り切れ続出。


やはりこのランキングは間違い無いのだ。
おー、神よ、我はこの運命的なスペーザ350リミテッドを手に入れる事は出来ないのでしょうか?
こうなりゃ自分の足で探すしか無いのか。
釣具屋ハシゴ、時間があればしてみます。







おしまし。













posted by ゴムオ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | クーラーボックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

えぇクーラー欲しいねR

th_DSC01143.jpg

アタクシのクーラー。
別に大会出る訳でも無いのにバスでライブウェルに使おうと思い買った安物のクーラーですが大きさ的には納得の一品。

コレを夏場の今、海に持って行くとはやり安物なので保冷力が弱いので少し手を加えようかと。

この手のクーラーの改造と言えばアルミテープを貼ってクーラーに穴開けまくって発砲ウレタンを注入するのが王道ですがアタクシは穴開けるのがイヤなのでアルミを貼るだけにしました。
これで保冷力が上がるかはビミョーですが家にあるアルミ箔を貼るだけなのでダーターで出来るんでやってみました。

ちなみにアルミを貼るのは遮熱の効果があるそうです。
断熱とは違うのです、遮熱です。











th_DSC01144.jpg

クーラーは簡単にバラせます。
プラドラ一本。

安物だからか知りませんがヒジョーに作りは雑で最初から部品割れて無いしビスも全部止まってません。
ビックリです。

でとりあえずアルミ箔を貼って遮熱完了です。
結構手間掛かり疲れました。


このサイズでえぇクーラー買うとツインパの8000番が買えちゃう勢いですが欲しいですね。
買えませんけど。

とりあえずコレで頑張ります。




おしまし。














posted by ゴムオ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クーラーボックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする