2012年04月21日

ゴムの蓋日記R





お天気が良ければ今週またボウズになりに行く予定だったのですが天気悪いみたいなんで今週は家で先週今年初めて出船した改良点をゴニョゴニョしてます。




とりあえず強引にルーフに積んでタイダウンでガチガチに縛ったお陰で割れてしまったバウデッキを補修&補強。


あと何処かにブッ飛んで行ったバッテリーの端子ノブのキャップを修理。












最後は




今年から採用したトランサムに振動子固定。
無理矢理F1用語風に言うならブロウンディフューザー式トランデューサーシステム。


前回走った時にプレーンするとソナー画像が写らなくなり深度も表示されなくなったんで振動子の取り付けセッティングを調整。

th_IMG_0413.jpg


コレを


th_IMG_0414.jpg

こう変更。


コレばっかは実際乗ってみないと分からないんで次回の出船時に期待!

あとは前回魚探の反応がほぼ無反応だったんで感度とか色々確認と調整してみる。


これでもうちょっと写るとえぇねんけどなぁ。



そんな感じで午前の部終了。








おしまい。







posted by ゴムオ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

ゴムの蓋日記R

本日届いた物。





th_IMG_0406.jpg

エレキのシャーピンとプロップナットとプロップナットレンチ。

一応分からない人の為に説明すると
プロップナットとはプロップ(プロペラ)のナット。
プロップナットレンチはプロップナットを閉めたり緩めたりする工具(プラスティックですけど)
シャーピンはプロップの回り止めのピンです。


人様の車内が広い車に積む時はプロップそのままで積めますがTTに積む時はプロップ外した方がえぇんで外しますがそん時毎回「これ絶対いつか無くなるよなぁ、家に帰って来て無くなったとかまだえぇけど釣り場で無くなったら釣りに支障をきたすなぁ」と思っていたんで買いました。

正直プロップナットなんて蝶ナットでえぇんちゃうん。シャーピンなんて会社の線材切ったらえぇんちゃうんと思いましたが面倒なのでクリックしました。




と言う事で本来は今週末に先週のリベンジに行く予定でしたが天候が悪そうなので延期となりました。


今までは家で大人しくしてましたがこれからはガンガン!ボウズ日記更新出来そうです!


ボウズの期待には必ず答えます!
期待して良し!!







おしまい。









posted by ゴムオ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

西日本水上過激保全委員会柔素材船疑似餌魚釣事業部R

皆さん如何お過ごしでしょうか、ゴムオ船長です。

あと一週間で四月と言うのにこの寒さ、クリビツですね。

そんなクリビツ級の寒さの中ゴムオ船長は急に暖かくなったり魚が海底から海面まで浮いて来た時の為に



th_IMG_0276.jpg

マイボートの出撃準備には余念がありません。

急なスクランブル発進時に備えバッテリーを満充電。
ついでにあまり乗らない車のバッテリーも充電しちゃう。




本日はゴムボでは画期的と思われる超弩級の改造を施そうと企んでいましたが花粉が沢山俟っているので止めました。
花粉、更に木材を削った粉まで吸い込んだら当分鼻終わっちゃうんで。
なので家で本日は23時から行われるF1マレーシアGPまで部屋でF1ゲームをして予習して待ちたいと思います。

そろそろ日本海では鳥山ゲームが始まるらしいです。ふっはっはっは!







おしまい。







posted by ゴムオ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

2012年版(財)イサオゴムボートサービス公式レギュレーション告知!R

ボチボチ本格的に温かくなりそうなので今年のレギュレーションを皆様に告知させて頂きます!
去年の2011年版に何カ所か改訂になってるトコロ、追加になってるトコロありますので参戦される方はこのレギュレーションをよく熟読した上でご参加ヨロシクお願いします。

また新規の方の参戦もお待ちしておりますのでお気軽に参戦の意志を表明されて下さい。













※2012年版(財)イサオゴムボートサービス公式レギュレーション

(財)イサオゴムボートサービスでは「ボート乗って是非ボーズになってみたい!」や「軽い熱中症の中ボートの後片付けをしてみたい!」または「海上でウネリに侵され是非!嘔吐したい!」「台風直前のウネリ3mの中無言でドラドポッパーを投げ続けてみたい」「野生のイタチが凍死する寒さの中延々と海上をプレーニングして走りたい」と言うチャレンジングでコアなアングラーを募集しています。 コレを見てて「俺も乗せろ」や「いや、次はワシの番や」もしくは「アタシも乗せて!帰りにアタシに乗ってもいぃから!」とお思いの方は是非ご一報を! 
年齢、性別、職業、容姿、国籍、キャリア、ジャンル問いません。
ただいくつか条件が有ります。







 一つ    終日ノーチェイス、ノーバイト、ノーファイト、ノーフィッシュ、ノーライン、ノールアーで熱中症もしくは凍傷でダウン寸前であろうが後片付けを放棄しない事。

一つ    万が一ウネリに侵されリバースし船酔いしようが船酔いなんてしてない扱いを受けても平気な人。

一つ    便意をもよおした場合海にダイブし海中で用が足せる方。

一つ    船長であるアタクシより沢山釣らない事。

一つ    船長より先に釣らない事。

一つ    船長より大きい魚を釣らない事。

一つ    船長が全く釣れてない時皮肉にもヒットしてしまった場合ラインを「だるんだるん」でファイトしてくれる大人な方。

一つ    万が一奇跡的にダブルヒットした場合船長の魚が逃げない様に直ちに自分のロッドを海中に投げ捨て全力でランディング作業に従事出来る方。

一つ    知らない間に隠し撮りされその画像および動画が全世界に向けてアップロードされても訴訟問題に発展させない事。

一つ    走行中知らない間にロッドとリールが水中に沈んで紛失しても不機嫌またはテンションが下がらない事。

一つ    降水確率が0%でもカッパを持って来る人。

一つ    車内がレッドブル臭で充満し臭いが染み付いても訴訟問題に発展させない方。

一つ    船外機、エレキの動力源が万が一絶たれた場合船長の指示で三日三晩オールを漕ぎ続けられる人。

一つ    自分が釣った魚をさも船長が釣った様に記事をねつ造れされても下唇を噛み締め堪え、耐えれる方。

一つ    船長がお腹空いたらスナックパンを分けてくれる人。 

一つ    何か緊急事態が起きた場合命懸けで船長を守ってくれる方。



 以上の条件を満たしている人は有資格者です!
是非ご一報を!!












おしまい。








posted by ゴムオ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

ALL JAPANフィッシングロッドトランスポートサービス(有)オンザルーフ事業部R

前に買ったスーリーのマルチパーパス。あれでロッドを運ぶ事が可能になりました。
一応予定ではロッドを数本束ねて更にネットのシャフトと共に束ねて裸で固定しようと考えていました。

で先週フッと思い立ちコーナンへ。








購入したのは
















th_DSC01603.jpg

塩ビパイプ。
100パイ。
マルチパーパスが100パイのモノまで固定出来るので100パイ。

で長さが1メーター単位で切り売りしてたんですが切り売りしてるサイズが1メーター、2メーター、4メーター。

で大して深く考えずに2メーターもあったら足りるやろぉ〜。と2メーターを購入し車へ押し込んで帰宅。










軽く鼻歌なんぞ唱いながら

どれどれ〜?♪

とか言いながらアタクシも持ってる一番長い1ピースロッド7フィート4インチのロッドを入れてみる。































































ギャース!



th_DSC01604.jpg

収まらない!ギャース!!

そうか!よく考えると7フィート4インチって2m225.6センチじゃないか。
って事は約25センチもオーバーしてる…。



うーん、どうするべ?


再度コーナンへ。



で施した結果がコチラ↓






































































th_DSC01606.jpg



テポドンみたい!!


どーん!!
と発射されそうですね。









th_DSC01605.jpg

前後共に専用のボンドで接着し蓋はネジ式なので現地に到着したら中味のロッドが全て無くなってるとか言うオチはありませんのでご安心を。













でイサオボートサービスの公式レギュレーションである「ロッドは一人3本まで!絶対!!」を想定し二人分の計6本のロッドを挿入してみる。






















































th_DSC01607.jpg

おっ…  



おぉぉぉ〜。
入った。
良かったですね。

もし入らへんかったらゲストさんのロッドを一本ないし二本へし折ってから釣り場へ向かわなければならないトコロでした。









ってお話。







おしまい。








posted by ゴムオ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする