2012年08月09日

あ、忘れてたR





そう言えば忘れてたんですがこのクソブログをこまめにチェックして貰ってる方ならご記憶に新しいかと思いますが

前にアップした




















th_090830279.jpg

ストンピン!

th_101209282.jpg

ストンピン!

th_cap006_20081108233255.jpg

ストンピン!

th_cap015_20090610223835.jpg

ストンピン!

th_cap017_20100109020908.jpg

ストンピン!

th_choushuu14.jpg

ストンピン!

th_IMG_0716.jpg

ストンピン!





と長州バリのストンピン地獄と化してしまったアタイのゴムボを膨らます生命線とも言える電動ポンプ。


コチラを修理に出しててなかなか返って来なかったので























th_IMG_0724.jpg

コレが


th_IMG_0725.jpg

こう剥がれちゃったクレームのついでに

「ポンプまだなん?いつまでかかってんの?」と問い合わせたら

「一度修理から返って来たのですが(このポンプ自体はゼファーボートが作ってる訳では無いので)確認した所また不具合が見受けられたので、お預かりしてからかなり時間も掛かっておりますので新品と交換させて頂きます」



と言う事で新品になりました。
(最初の見積もりの修理代+送料で9000円ほど掛かりましたが)










でその新品になったポンプを従えて前回の





















th_DSC01980.jpg

ルーベンスとのシイラ釣行。

そこで新品のポンプでボートを膨らますと普通


ブーーーーーーーーーーーーーン!




と低圧である程度膨らんでそこそこ膨らむと






ダンダンダンダンダンダンダンダンダンダンダン!!!!


とかなりウルサい音で高圧で空気を注入するんですが





ずーっと












ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン…。



一生低圧で動いてやんの。



このトラブルよくある故障原因なんですが
新品で初めて使うのにコレってヒドくない?
どんな製品管理しとんねん。

と思い帰ってから










「え?このポンプって新品から低圧のみなん?え?もしかして嫌がらせ?」と連絡すると










本来は滅多にしない「ポンプメーカーに直接着払いでお送り下さい!」との返答。





でそのポンプが今日





















th_IMG_0878.jpg

返って来ました。
















th_IMG_0879.jpg



このポンプはもう大丈夫なのでしょうか?
不安ですねー。
まぁ潰れたら







th_090830279.jpg

ストンピン!

th_101209282.jpg

ストンピン!

th_cap006_20081108233255.jpg

ストンピン!

th_cap015_20090610223835.jpg

ストンピン!

th_cap017_20100109020908.jpg

ストンピン!

th_choushuu14.jpg

ストンピン!




















th_img06d295e9zik8zj.jpg

はぁー!しんど!!










で行きますけどね。






おしまい。









posted by ゴムオ at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

そんな事を言ってもPart3 R




昨日の長州ストンピンポンプ。


コレは体力的にもしんどいんですがもう一つ面倒な事が。


アタクシのゴムボは何気に空気の部屋が五つもありそれぞれにメーカーで設定されてる空気圧が違うのです。

この気室は@@気圧でこの気室は@@気圧で、と。



電動ポンプなら予めダイアルで設定してスイッチ入れれば自動でその圧力で止まってくれるんですがフットポンプやと自分で調整しながら入れないといけない。


でフットポンプにはプレッシャーゲージは付いてないんで持って無い人は手で触って「こんなもん?」って具合に調整。

しかしゴムオ船長はそんなファジーな事はキライなのでオプションパーツで売られてる





th_p_item_1204765792.jpg

th_p_img_1204765792.jpg

こんなヤツを長州ストンピン地獄に備えかなり昔に購入。

「おっ!これで使う機会があるのか!?」とか思うも実はコレめっちゃ使い難いんすよ。

ポンプでストンピンしながらメーター読めたらえぇねんけど一回途中でホース抜いてこのゲージを差し込み確認、そしてまたストンピン、ゲージ、ストンピン、ゲージの繰り返し。それを五気室も。


うーんめんどいなぁ。なんとかならんのかぇ!
と重い腰を上げたゴムオ船長。




家の前のホームセンターに走り色々部材を購入。そして作業して出来上がったのが


















































th_IMG_0687.jpg

ちょっとブサイクですがホースの間にメーターをビルトイン!













th_IMG_0686.jpg

こんな感じ!






これで面倒臭いのとオサラバだ!




電動ポンプ返って来たら用無いんですけどね。






















で昨日も書いた

























th_DSC01945.jpg

シイラ暴走特急と化したルーベンス。


今日は大人しくメールが来ないので「よしよし、やっと落ち着いたみたいなや」

と一安心してたら夕方やはりメールが届き

























































「今日も九時でえぇの?」






































































「いや!行かへんし!」と一喝。































「次いつ行けんの!?」と聞くので



































「そんな事より明日釣具屋行かへん?」と誘うと















































「ゴメン、明日予定入ってんねん…」












































「キィィィィィィィィィーーーー!!!!腹立つ!なんやねん!」

女子の「どーせコイツもヤリたいだけなんや」的な気分が少し解りました。








おしまい。













posted by ゴムオ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

そんな事を言ってもPart2 R







こないだ二年強の使用で破壊に追い込まれた



th_IMG_0639.jpg

ボートのポンプ。

正直コレが無いと出撃出来ない。

いや出来ない事も無いんですがね、



この人力を極める






th_282_1.jpg

フットポンプで膨らませない事は無いんですが、コレで膨らますと「よし!オッケー!」って時にはもう釣りする気力と体力がゼロになってしまう位疲れちゃう。
前に乗ってた白い方の船体買った時の最初に試しに一回膨らましたけど
「コラ無理やわ」とソッコーで電動のポンプを買った訳です。

しかしポンプの修理にネットの情報では結構時間かかるみたいな事らしいので電動ポンプ無しでの出撃も覚悟し




とりあえず














th_image3.jpg

コレを買ってみました。



一応ポンプと言いましょうか。



こんな感じに使います。

th_image2.jpg







しかし正直コレはポンプではなくブロアーですよ、ブロアー。

ただ空気を送り出す送風機みたいなモンで空気を圧縮する力は無いので高圧では入れれ無い。





多分皆さんゴムボなんかに知識も無けりゃ興味も無いと思いますので一応簡単に説明しますと、釣りで使うゴムボやラフティングとか客船の緊急用のテンダーボートや自衛隊なんかが使う本格的なゴムボ(正式にはインフレータブルボート)はただ空気を入れたビーチで浮かぶだけのボートと違い空気を高圧でガンガンに入れてゴムのクセに(正確に言うとゴムじゃないんだけど)カチカチにして乗る船なのです。なので普通ゴムボ用の電動ポンプは低圧モードと高圧モードがあり最初は低圧モードである程度膨らまし、途中から高圧モードでカチカチにするのです。






と言う事でこの今回購入したポンプ風のブロアーである程度膨らまし、あとはフットポンプ(このフットポンプも低圧モードと高圧モードが有ります)で























ひたすら

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!












そう、長州力を彷彿とさせる






































th_090830279.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!























まだまだー!




























th_101209282.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!

































まだ全然!!





























th_cap006_20081108233255.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!
















































th_images.jpg

うわー、めっちゃしんどいやん…。




とか言いながら
































th_cap015_20090610223835.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!







































th_img06d295e9zik8zj.jpg

もう無理やって〜。



とか半ば諦めモードになりつつ



































th_cap017_20100109020908.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!

































ひぃ!しんどい!
無理!

と言いつつ











































th_choushuu14.jpg

ストンピング!
ストンピング!
ストンピング!










































と頑張ってようやく










































th_choshuriki_img.jpg

キターーーーーー!!






と完成するんですよ。


コレマジしんどいんすから。




































でまぁ一応万が一を想定してブロアーを購入した訳なんですがこないだシイラの強烈な引きとレーザービームを体験してから毎日の様にメールを送って来るルーベンス。

th_IMG_0660.jpg


もうシイラ釣りに行きたくて!行きたくて!しゃーない模様。

いや確かに解りますよ、解りますけど…。
初めてシイラの引きを体験しちゃうともう寝ても覚めても「シイラシイラシイラシイラシイラシイラシイラ…」
となっちゃいますからねぇ。
アタクシも去年初めてシイラを釣ってから客先の「シライ@@株式会社」の文字を見ると「え!?シイラ!?」て何回みても二度見してましたから解りますけど…。



そんなルーベンス、毎日メールを送って来て


「ドラドポッパーのピンク何処も売り切れで無いねんけどどっか穴場しらん!?」とか聞いてくるも




































「知らんし!」と一喝。










昨日の

th_IMG_0674.jpg

自己満全開のロッドホルダー画像送って来ても








































「知らんし!」と一喝。







次シイラいつ行くの!?次いつ!?いつ!?


と聞いて来るので















「いや〜今ポンプ修理に出してるしなぁ…」と答えると




「手動で行こ!手動で!」と長州のストンピング地獄を明らかに軽視した発言。




















「無理やし!」と一喝。





すると






「ほなキムに借りよ!」と言うて来る。


キムとは共通の友人でアタクシの薦めでゴムボを買っちゃった











th_2480c3f7 のコピー.jpg

左の丸っこい人。(右ルーベンス)







「いや、借りても万が一潰れたら悪いしワシ二台も修理するんかなわんわ〜」と言うと





「もし潰れたらオレが修理するから!」ともう暴走特急と化したルーベンス。




「いやぁ…」と濁すゴムオ船長。






















で今日またもやシイラ暴走特急と化したルーベンスからメールが届き

















































th_IMG_0685.jpg

「キムにポンプ借りれました!行けます!行けます!」





























































「いや!行かへんし!」


とは返してませんがアタクシもなんやかんや用事とかもあるしさ、シイラもえぇけど違う魚種も釣りたいしさ。








と言う事で見てないと思うが


ルーベンスよ!もう少し落ち着くのだ!
シイラは梅雨明けしてからの方が3倍くらい面白いぞ!確か…。








おしまい。







posted by ゴムオ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

そんな事を言ってもR








魚はグィグィと押し寄せて来ているのですよ。
真夏になるのに向けてヒタヒタとシイラは数を増やしてナブラを企てているのですよ。


なのでとりあえず仕事場から一番近い釣具屋の




th_IMG_0678.jpg


に注文してたブツと取りに行く。

いつ行ってもココは何も置いてないぜ。
ビックリするくらいルアーとか少なめだぜ。
しかし純正部品とか取り寄せなら値段も変わらんし近いのが一番だぜ。




そーゆーたら今日この店にポンプの修理を出して見積もりを頼んでたんですが連絡が在り
「とりあえず基盤がダメらしくコレの交換が7800円+送料1000円で他に悪い所が有れば更に金額が上がります。とりあえずこの基盤を換えてみないと他のトコも診れないらしく…」と言うてた。








オィ!!
メーカーに修理出してんのにその回答なやねん!!
そんな見積もりあるか!!そんなんアカン!!

とか思いましたがどーせ修理せな始まらへんし「へぇへぇ」と返事しておいた。

ちなみに新品なら最安値で17000円くらい。

新品は付属品やら保証も付くの考えたらビミョーなラインやなぁ。とか思う。




ちなみに納期はまだ分からないと言われた。
















で家の前のホームセンターで色々買って









th_IMG_0679.jpg

ニューバウデッキが出来ました。

スケールが87センチまで計れるぜ〜。
あとエレキの固定方法もアップデートだぜ〜。
なによりデッキがちょっぴり広くなったぜ〜。












あとルーベンスの車には三菱の純正?のロッドホルダーが付いているのですがコレがベルトのみのショボショボだったので「オレも車改良するぜ〜」とか言うて

th_IMG_0674.jpg

2万円近くするロッドホルダーに換えて一人でテンションMAXになり
次いつ行くの!?
次いつ行くの!?
とウルサいです。


ちなにみ前回魚探落下事件でキズ物になったカバーを「オレ新しいの買うわ。そやし品番教えて」と言うくるので

「カバーやしそれは別にえぇよ」言うも

「それはアカン!買うから教えて!でもちょっとマケてちょ!」と言うてくれたので
注文して貰いました。
そしてお望み通りマケて上げます。
本人には「その頑張りに免じて10円マケたるわ」とだけ伝えておきました。


ちなみにルーベンスはこのブログを観てません。


オッチョコチョイですがなかなかのえぇヤツです。
まぁクッションは無くしやがりましたがこう言う気持ちが人間関係必要かと思います。







おしまい。









posted by ゴムオ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

ゴムオボートサービスより真面目に大事なお願いとレギュレーション変更のお知らせR



こないだルーベンスと行ったシイラ釣行。


そこでまたしても乗組員のウッカリで






th_th_DSC01919 のコピー.jpg

乗組員用のクッションが紛失しました。
乗組員がケツ痛かろうと思って買ったクッション。
それを気付かない間に海に落としてました。

しかもこのルーベンスは出航の準備をしてる時に魚探を結構な高さから落とすと言う失態も。
言いたくありませんがこの魚探、30万円オーバーの品です。
故障はしてないと思いますがカバーにガッツリ傷入りました。
かなり誤ってたし許しましたが、ここの所ゴムオ号の備品の紛失が多発しております。
ゴムオ号にお乗りになる方はもう少し他人のモノだと言う事を考えて乗って頂きたいです。
もし無くなったり壊れたらアタクシが自腹で復旧していたと言う事を考えて頂きたいです。
そして今までは乗組員の不手際で紛失や破損等した場合全て船長が修理したり買い直したりしてまいしたが、
今後はあまりしたくはありませんが乗組員の不手際で紛失、破損等した場合は全額もしくは一部掛かった料金を負担して貰う事にします。
正直これ以上自分で買ったのに人に無くされて、潰されて、また散財するのがアホらしくなりました。
これでは金ナンボあっても足りません。
そして今までは一緒に楽しく遊べれば良いと言う感覚で一銭も貰わずにやってましたがボートの維持、保全にも結構金掛かってるのですがそれを理解して頂けてない方もおられる様なのでコレもあまりしたくありませんがこれからは釣行毎にボート維持協力金と言う形でサポートをお願いする事にします。ご理解の程ヨロシクお願いします。


とりあえずもうクッションは買い直しませんのでゴムオ号にお乗りになる方でクッション必要な方はクッション持参でお願いします。

男なら自分のケツは自分で守って下さい。



おしまい。













posted by ゴムオ at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ボート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする